TITLE

コラム

蛾類学会コラム23 シャクガ科ヒメシャク亜科の魅力

金子岳夫 「ヒメシャクは分からない」「なんでヒメシャクをやっているの?」など、蛾屋さんからはいろいろ言われてしまうヒメシャク亜科ですが、分からないからこその魅力を持っているグループとも言えます. 幼虫が「シャクトリムシ」 [… 続きを読む]

蛾類学会コラム22 北海道の魅力的なヤガ

前田大輔 北海道では3000種強の鱗翅目昆虫が記録されており、本邦における特産種も少なくない。今回はその中でも筆者が特に力を入れて採集している(狭義の)ヤガ科についていくつか紹介する。 シベチャキリガ(Fig. 1) 北 [… 続きを読む]

蛾類学会コラム21 ミクロレピ編~マルハキバガってどんな蛾?~

北島裕紀・外村俊輔 「キバガは未記載種が多いから、バンバン記載できるでしょ」 分類学徒になる前は、そのくらいの気持ちだった。ひょんな事からミクロレピであるマルハキバガ科(Promalactis属以外)の分類をすることにな [… 続きを読む]

蛾類学会コラム20 カトカラ年間全種制覇の旅

平坪和規 正直、「これはいける」と思った。日本産カトカラ全31種を1年で採集するという、一見無謀とも思えるチャレンジ。2018年9月1日、30種目のムラサキシタバを手にした時、まだ達成したわけでもないのに舞い上がってしま [… 続きを読む]

蛾類学会コラム19 驚愕のミノムシ採集法

新津 修平 ミノムシと言えば、秋風が冷たくなる晩秋の頃、庭木や街路樹の枝にぶら下がっている姿を思い浮かべる人は少なくないと思う。言うまでもなくミノムシは、ミノガの幼虫である。ミノムシは、木や草の生葉を食するということはよ [… 続きを読む]

Last update: 17 Mar, 2019